« NEXT ORDERアルバム紹介その3 | トップページ | NEXT ORDERアルバム紹介その5 »

2015年4月17日 (金)

NEXT ORDERアルバム紹介その4

いよいよ雑誌やネットでハードコアフュージョンとジャンルカテゴライズされた時期である四作目です。
ハードフュージョンというにはジャズ色が強いし、ジャズロックというにはインプロ色が強いし、ジャンルをヒトに説明する時、何と説明したらいいのかなと少 し困っていた頃、レビュアーの方がレビューの中でハードコアフュージョンと名付けてくれました。一気に説明しやすくなりました。

その言葉がNEXT ORDERを表現するものとして国外含めて浸透してくれた効果が予想外に大きかったです。リリースで様々な方面と折衝していく中で本当に助かりました。

以下フェイスブックページから。

 


LIVE-REFINED

雑誌やネットでハードコアフュージョンとカテゴライズされた四作目。
名古屋JAZZ INN LOVELYと大垣GAJAのライブレコーディング。

この頃は今に続く素晴らしい出会いが沢山ありました。
劇団アルクシアターのミュージカルMERMAID AT DUNEにNEXT ORDERとして参加させてもらって、このアルバム収録の曲をバックにダンサー達が踊ってくれたなあ。武藤のDEATH MENTALとかゴリさんのSIMM55とか。クラブクワトロが爆音で床が振動して演劇ゲネプロ動画が揺れてました。アルクシアターとNEXT ORDERをつなげてくれたボーカルの山口沙織(サリー)ちゃんのおかげです。

スラッシュ/デスメタルの影響をより素直に曲に出したり、各メンバーの曲をバランス良くアルバムに入れた作品です。今考えると四人のメンバー全員の楽曲が入っているのはこのアルバムだけです。

前作に続き現在までお世話になっている東京のBOMBAレコードから販売が始まり、過去のアルバムも含めて一気に全国流通しました。名古屋大阪神戸ではアルバムがコーナー、試聴機展開され東京のディスクユニオンでは強力なプッシュをしてもらったなあ。感謝です。

また、前作まで海外で契約していたLOLOレコードがCD販売を取りやめ、データ販売に移行するとの事でNEXT ORDERはLOLOを離れ、自分のレーベルORDER-TONEとしてアメリカの販売サイトと契約しました。
とはいえ、前作までのプロモーションをLOLOがしてくれていたおかげでアルバムの売れ行きは次作に向けても快調でした。
自分がCD販売とデータ販売の違いを考えるきっかけになった時期です。

前作までがNEXT ORDERとしてのを音楽性をある程度確立させた時期だとしたら、今作ではさらにその音楽性をより強力に推し進め、精錬REFINEしたいとの思いで作ったアルバムだったのでその言葉をアルバムタイトルにしました。

またこの頃レビュアーの方がNEXT ORDERの音楽性をハードコアフュージョンと呼んでくれ、それが浸透してくれたおかげで、自分達の音楽をカテゴライズされたジャンルとして一言で表すことが出来るようになりました。現在までその言葉にお世話になっています。

ひき続きヒデさんエンジニアリングでレコーディング、ミックスしてます。

Refined

|

« NEXT ORDERアルバム紹介その3 | トップページ | NEXT ORDERアルバム紹介その5 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1267115/59673833

この記事へのトラックバック一覧です: NEXT ORDERアルバム紹介その4:

« NEXT ORDERアルバム紹介その3 | トップページ | NEXT ORDERアルバム紹介その5 »